株式会社実践マシンウェアロゴ

CATIA・NX・PRO/E・SolidWorksなど、
データのダイレクトトランスレータ標準搭載 3次元CAD・CAM ZW3D

  1. ホーム  > >
  2. 機能紹介 : 点群/STL(3DCAD ZW3D)

点群

点群/STL

 

点群/STLからのフィットフェース機能

3次元測定器やデジタイザなどからの点群データを基に、ダイレクトに滑らかなサーフェスの作成を実現。測定された点群をNURBS補間機能により、図面やモデルのない立体からも高精度な3次元モデルを作成可能。モックアップからのサーフェスモデル作成のほか、プレス成形品などのリバースエンジニアリングにも有効。

点群からのサーフェス作成機能イメージ
本機能でサーフェスの作成に適さない場合があります。下記記載の注意事項をご確認ください。

 

>>TOP
複雑な点群データのテセレーション

NURBSサーフェスの変わりに、小さな複数のパッチで構成するテセレーションデータを作成できます。処理の高速化と360度のスキャンしたデータ処理を実現。

複雑な点群データのテセレーションイメージ

 

>>TOP
平面とSTLの交線作成

クロスセクション機能 - 平面とSTLの交線を作成することができます。

ZW3Dは平面とSTLの交線を作成することができます

 

>>TOP
STLのトリム/分割

スプリット/トリム機能 - STLを平面でトリムまたは分割することができます。

ZW3Dは、STLを平面でトリムまたは分割することができます。

 

>>TOP
STLからフィット平面作成

フィット平面 - STLデータよりピックした点からメッシュにフィットすると平面を作成することができます。

ZW3Dは、STLデータよりピックした点からメッシュにフィットすると平面を作成することができます
>>TOP

<注意事項>
●インポートしたSTLを外部ファイルフォーマットに変換する場合
  STLをZW3Dにインポートする場合、ZW3D内では表示情報のみをもった要素となるため、ジオメトリ要素として扱うことはできません。このため、STLインポート後、IGESやParasolid等の外部中間ファイルフォーマットに変換では、それらのファイルはデータ情報の無い空のファイルとなりますのでご注意ください。
 IGES等外部ファイルに出力する場合は、表示情報のデータからジオメトリ要素に作り直す必要があります。 これらの作業には点群コマンドを用いて処理することが可能です。
>>PDFダウンロード<<

●点群やSTLからフィットサーフェスを作成する場合
 STLや点群を利用して「フィットサーフェス」を作成する場合、以下の形状にはご注意ください。
表裏のある(例:プラスチックケースなど)STL/点群に対して1回で処理することはできません。表と裏を分離しそれぞれ処理する必要があります。

(点群コマンド内の[フィットサーフェス]を使用するにあたり、点群を分解したり、部分的なものだけを利用するタイプです。)

外周が閉じている(例:直方体やボルトなど)STL/点群に対して1回ですることはできません。任意の軸からみたときにアンダーカットとならないように分割し処理する必要があります。

(点群コマンド内にある[フィットサーフェス]にて1回の処理では最適な形状が作成されない例です。)

垂直や水平に近い平面が多用されたSTL/点群ではコーナー部を正確に表現することはできません。また任意軸からみたときに、点列が重複する場合は、正しい形状を表現することができません 。


(点群コマンド内にある[フィットサーフェス]が適さない形状タイプです。)


ZW3D紹介

 
 
 
   
   
   
   
   
ZW3D体験版のダウンロードはこちらからどうぞ。
ダウンロード
ページトップ