株式会社実践マシンウェアロゴ

強力なNC変換IMSポスト、
加工機NCシミュレーションIMSverify

  1. ホーム  > >
  2. IMS 製品紹介 : IMSベリファイの主な機能紹介

IMSベリファイ

IMSベリファイの主な機能紹介

 
 
 
 
 
 
 

 

干渉チェック機能

切削時にワークや治具と工具/ホルダーの接触がないかを監視しています。早送り時(G00)の衝突はもちろんのこと、切削送り時(G01/G02/G03)の工具シャンク部分との接触も干渉として警告します。

 

>>TOP
計測機能

切削後のワークに対して、計測を行うことが可能です。マウスでのピックによる三次元座標値計測、二点間の距離計測、フィレット部等のR計測や角度計測も可能です。

 

>>TOP
自動比較機能

設計データとしてのCADデータと、IMSベリファイにて切削した形状データを自動照合して食い込みや削り残しをカラーバンド表示します。カラーバンド表示は3段階から9段階まで切り替えが可能で、エラー部の状況に応じた設定が可能です。

 

>>TOP
切削形状の出力

IMSベリファイにて切削した形状データを外部のCADやCAD/CAMシステムにて利用 できるようにSTLデータとして出力できます。これによりCAMシステムでの素材形状として 利用したり、CADに戻して設計にニ次利用するなど応用範囲が広がります

 

>>TOP
工具の登録設定

工具はIMSベリファイに用意されたミーリング工具/旋削工具での設定の他に、外形輪郭形状を読込んでの形状登録やCAMシステムが出力したAPT/CLファイルからの自動生成も可能です。また複雑なホルダー形状に対しては、複数の形状にてアセンブリを組むことで設定できます。

 

>>TOP
シミュレーションスタートまでの各種設定

IMSベリファイでは設定に必要な項目がツリー構造で表示されますので、上段から順番に設定を行うことでシミュレーションに必要な設定作業が完了します。また、一度設定した内容は「セッションファイル」として登録が可能ですので、パターン化して登録し、必要箇所の修正のみで短時間でシミュレーションを行うことができます。

 

>>TOP
自由自在なビュー操作

切削するワークは3次元のソリッドモデルですから切削後の検証時/シミュレーション実行時を問わず自由に回転・拡大/縮小等のビュー操作が行えます。

 

>>TOP

ZW3D紹介

 
 
ページトップ